EQUIPMENT

設備・仕様

STRUCTURE

セキュリティ

快適性能

安心品質

STRUCTURE [構造]

永く心地よく住むためのこだわりの構造品質。

杭基礎構造

基礎構造の形式は杭基礎、杭種は既製コンクリート杭(プレボーリング拡大根固め工法)を採用。固い地盤の支持層まで杭先端を施工することにより、信頼性の高い強固な基礎構造としました。

床構造

遮音性の高いフローリングを住戸内の各居室・廊下などに採用。階下への、そして上階からの足音など生活音を軽減し落ち着いた生活空間を演出します。

断熱材

外部からの熱伝導率を抑え、冷暖房効率などを高めるために、外壁に約25mm、最下階の住戸の外気に面する床下に約30mm(一部約25mm)、屋上には約35mmの断熱材を施しています。

戸境壁・外壁

外壁は約150mm~約200mm厚、また隣住戸からの生活音を抑えるため戸境壁は約200mmのコンクリート厚を確保。縦筋・横筋ともに鉄筋を2列に組み上げたダブル配筋とし、遮音性と堅牢性を高めました。 ※一部の雑壁を除く。

ボイドスラブ工法

約250mm~約275mmのボイドスラブ厚を確保。ボイドスラブ工法を採用することにより、ワイドスパンのスラブを支えるための小梁が不要となり、すっきりした室内空間を実現します。※一部除く。

複層ガラス

断熱性能に優れた複層ガラスを窓に採用しました。冷暖房効率を高めて経済性に優れた省エネを実現するとともに、結露なども軽減し、快適な室内環境を創ります。

フラットフロア

住戸内でのつまずきを防止するため廊下と各居室、フリールーム、水まわり、リビングとの段差を解消したフラットフロアを採用。掃除機の使用もスムーズです。

対震枠付玄関ドア

万一の地震に備えて玄関ドアには対震枠付を採用。地震による大きな力で建物に歪みが生じても、扉を開くことができ、外部への脱出ルートを確保します。

耐震性に優れた
溶接閉鎖型筋

地震の揺れに対して粘り強い構造体を実現するため、柱の帯筋には継ぎ目部分を溶接する溶接閉鎖型筋を採用(仕口部は除く)。新耐震設計法の耐力基準をクリアしています。※一部の小柱を除く。

遮音対策

主排水管にはグラスウール及び遮音シートを施工。さらに、周辺の壁をプラスターボード二重貼として優れた遮音性を実現しました。

シックハウス対策

ホルムアルデヒド放散量がきわめて少ないF☆☆☆☆等級の素材をフローリングや建具に採用。クロス接着剤もノンホルムタイプを選ぶなど、シックハウス対策を施しています。

※掲載の室内写真は、2018年3月「ファーストレジデンス須磨海浜公園マンションギャラリー」モデルルーム(Eタイプ)にて撮影したものです。オプション仕様が含まれている他、備品等は販売価格に含まれておりません。※掲載の参考写真・構造図・概念図は、官公庁の指導、施工上の都合等により、若干変更が生じる場合があります。あらかじめご了承ください。

INFORMATION

第1期2次 モデルルームGRAND OPEN 先着順申込受付開始